▲このページのトップへ

2016年2月16日
投稿者:荒屋団地町会 at 22:12

「第54回定期総会」が開催 (荒屋団地町会)

先にご案内のように1月31日(日)に荒屋会館において「第54回定期総会」が開催されました。

 

梨野総務担当副会長による開会の挨拶のあと、昨年お亡くなりになられた9名の皆さんのご冥福を祈り黙祷が行われました。

 黙祷が終わり、16班の谷内律夫県議の祝辞に続いて中山町会長の挨拶がありました。

次に議長選出に移り、6班の山岸博さんが選出され議事に入りました。
議長挨拶に続き資格審査発表が行われ、出席者41名、委任状0、計41名が役員・代議員総数の42名の3分の2である28名以上となり、総会成立の宣言がなされました。

 議事は平成27年度一般経過報告、会計決算報告、会計監査報告が順次行われ質疑応答に入りました。

質疑応答では、昨年発足した「荒屋団地おたすけ隊」の助成金の運用や友の会会員受付の方法について質問があり、期の途中に発足した現状と平成28年度からは他の部会・サークルと同様に決算報告を追加資料で掲載されることが説明され承認を得ました。

この後、平成28年度新役員の選出が行われ、中山良一さんの他に町会長の立候補者がなく、8班の中山良一さんが引き続き就任されることで承認されました。

 また、副会長についても立候補者が無く、規定により各ブロックから以下の方々が選出されました。尚、本年度より高齢者世帯・子育て世帯支援を担当する女性副会長職※が新設されました。

 
 
次に、平成28年度活動基本方針案、会計収支予算案が提案されました。
この後の質疑応答では、一人暮らし高齢者世帯の町会費免除について質問がなされ、財政ひっ迫の折、現時点では困難であることが説明されました。又、除雪機の用途について質問がなされ、70万円の市補助を想定しての予算組みであり、今後検討を重ね慎重に進める旨の説明がなされ、承認を得ました。

 その後、平成28年度新役員(執行部・班長)、活動基本方針案、会計収支予算案の
採決がなされ、満場一致で承認を得ました。

次に、その他の提案として町会規約・自主防災会規約の改正について、主に防災と子育て、高齢者支援を重視した内容であることが説明され、特別会計収支予算案とともに承認を得ました。

議長降壇の後、旧役員・班長、新役員・新班長の挨拶がありました。梨野総務担当副会長の閉会宣言で「第54回定期総会」が滞りなく終了いたしました。

旧役員、並びに旧班長の皆様、大変お疲れ様でした。新役員、並びに新班長の皆様、今年一年宜しくお願いいたします。

千坂校下町会連合会