2019年1月13日
投稿者:荒屋団地町会 at 17:02

町会主催の新年会 (荒屋団地)

朝から太陽が輝く好天の本日(1月13日)午前11時から、荒屋会館において町会主催の新年会が開催されました。
参加者は町会役員のほか、校下各委員や各種同好会の皆さんの35名でした。昨年は班長と町会役員で開催しましたが、参加者が20数名にとどまったことから各種同好会等に参加を呼びかけたところ、3Fホールが一杯となる参加者となり主催者として非常に喜ばしい形になりました。

中山町会長の開会あいさつ
もう1年町会長を引き受けると表明された!

町会長のあいさつに続いて、谷内県議があいさつに立たれ、皆さんのご支援により3期務めることが出来た。春の県議選に再度出馬するので変わらぬご支援を賜りたいと述べられました。

谷内県議のあいさつ

続いて元町会長の中屋さんが乾杯の音頭をとられ、賑やかに宴会が始まりました。

抽選会の景品もずらりと並べられた
クラフト・生け花・カラオケ等の同好会から
女性が10名以上も参加された
1000円会費だが飲み物・食べ物が
十分に準備された
宴たけなわ・話題は尽きない

所定の時間は11時から1時。1時過ぎに抽選会が開かれました。受付番号札が抽選箱に投じられているので町会長が抽選箱に手を入れて15位から当選者が決まっていきました。
隣の町会では新年会は何年も前から会費4千円で朝日屋で開催しているという。当町会の新年会は2,3年前から開催するようになりました。今回の参加者で89歳の女性が出席されました。荒屋団地は全世代が元気な証拠かもしれなません。

千坂校下町会連合会

2019年1月9日
投稿者:柳橋町会 at 16:38

柳橋町「さくら」

平成31年最初のサロンが開催されました、寿リハ神宮寺より中川先生をお招きしてユウモアあふれる指導で脳トレを組み込んだリハビリ体操でさわやかな汗を流し、その後新年会を開き食事の後はみんなで楽しく唄を歌い新年を祝った。中川先生は年間35回程市内のサロンを廻っているが、こんなに笑い声の絶えない活気のあるサロンは初めてだと驚いて帰られた。今日の参加者は男性7名女性21名でした。

 

千坂校下町会連合会

2018年12月22日
投稿者:千坂地区社会福祉協議会 at 16:33

福梅を配布

12月22日(土)千坂地区社会福祉協議会では今年度も70歳以上のひとり暮らしの方244名(希望者)にお正月用の福梅を配布しました。千坂児童館の協力で、子どもたちが思い思いに書いたお年寄りを気遣うメッセ―ジカードを添えて、元気に新しい年を迎えらえるよう安否確認をしながら民生委員が一軒一軒訪問し福梅を配布した。

 

千坂校下町会連合会

2018年12月16日
投稿者:荒屋団地町会 at 18:37

折り紙でサンタクロースを作ろう 第132回荒屋悠々サロン (荒屋団地)

寒さも小康状態となった昨日(15日)午後1時30分から、今年最後となる第131回荒屋悠々サロンが開催され、講師としてニュー金市団地町会の高瀬玲子氏をお招きして、サンタクロースの折り紙をすることになりました。
講師の高瀬氏は、校下グラウンドゴルフ協会の総会において、出席者全員の切り絵を作成され配付されている大変手先の器用な方でもあります。

最初に赤色の色紙、次いで小さな赤色の色紙が追加配付されました。

色紙が配られた
折り方の説明をされる高瀬講師
ここはどう折るのかな?

 

講師補助員も大忙し 「ねえ、ここどう折るが」
足はこう折るのだったっけ
ジングルベルのBGMを聞きながら
もう少しで完成
こんなかわいいのができたよ!

全員が完成したところを見計らって、お茶交流会になりました。あちらから、こちらから楽しそうな会話が広がりました。
暫くして唱歌合唱に移り、「赤鼻のトナカイ」を皆で合唱しました。

合唱はカラオケで

最後にいいね金沢健康体操を音楽にあわせてやる予定でしたが、パソコンの操作不良のため音声なしの健康体操となりました。

それでも、いち、にっ、さんと掛け声で元気よく体操が終りました。
町内の皆さん、あなたも参加してみませんか。開催日の前には開催案内の回覧板が回されます。参加をしてみようかとお考えの方、申し込み欄に記名され是非体験してみてください。

千坂校下町会連合会

2018年12月14日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:37

むぎた徹市政報告会(荒屋団地)

2月12日(水)午後7時から荒屋会館3階において「麦田徹市政報告会」が開催されました。荒屋団地住民の方10名が参加されました。冒頭、中山町会長が挨拶に立ち、「麦田氏が17班の街灯設置にあたり、市の危機管理課に市議つぃて交渉して頂き、、今年度と次年度合計で8灯を設置して頂くことになった」とのお礼の言葉がありました。引き続き、麦田市議よりパワーポイントで平成28年度から30年度にわたる市議活動の報告が行われました


活動内容の主なものに疋田の地下道の洪水対策や柳橋川の堤防補修等があり、地元市議として様々な懸案事項を市の各部署に交渉、伝達し、確実に実施させていることを実感しました。1時間を超える報告の後、住民との質疑応答があり、色々と活発な意見や要望等がありありました。

千坂校下町会連合会

2018年12月6日
投稿者:荒屋団地町会 at 20:10

シニアクラブが忘年会で懇親を深める (荒屋団地)

荒屋団地シニアクラブは5日~6日にかけ、山代温泉白山菖蒲亭において忘年会を開催しました。5日午後3時、協和工業前から参加者13名(男4名・女9名)がホテル配車のバスに乗り、会場に向かって出発しました。
所要時間1時間余でホテルに到着しました。
 
白山菖蒲亭全景
部屋に入りお茶を飲みながら団欒してから大浴場に向かいました。平日とあって、吾々一行のほかは来客まばら状態。風呂も一人も入っていない状態でした。
 
貸し切り状態の大浴場
露天風呂もいい雰囲気
風呂を出て部屋に戻り、再びあれやこれやの雑談。この雑談も絆を深める大切なひと時でした。
宴会予定時間となって宴会場に入った。
冒頭、盛田会長のあいさつに続いて中屋顧問により乾杯の音頭となって、平成30年の忘年会が始まりました。
 
会長挨拶①
会長挨拶②
この後、男性陣それぞれが女性陣に酌をしながら雑談に花が咲きました。
 
和気藹々と
話題は何だろう
まんべんなく回った会長
食べながら飲みながら話題は尽きず
盛り上がり最高!
宴たけなわとなって、定番のカラオケタイムとなりました。デュエットもあって美声を自慢しあいました。
デュエットあり
 
股旅もあり
ソロも上々
かくして2時間余、池田さんによる一本締めで宴会が終了となりました。
 
締めのあいさつ
ぴしゃッと決まった!
宴会終了後は全員幹事部屋に集合し二次会が始まりました。
この機会に会長から数年分の活動アルバムが広げられ、データはCDに保存してあるのでアルバムの写真を自由に抜き取ってもらいますと宣言され、十数冊のアルバムが回されました。多い人は二十数枚あったと喜んでいました。
 
約1時間半、賑やかで笑い声が溢れる時間が過ぎ去りました。こういう時間も絆づくりには最も効果が発揮できる機会でした。
 
翌日、一風呂浴びて朝食タイムとなって、食事後はロビーでコーヒータイム。
予定を30分きり上げ、9時30分にもときたこの道かえりゃんせとなって1時間余で無事帰着して解散しました。
課題として、1泊2日の忘年会形式は参加人数が少なく存続するかどうか検討事項となりました。
 

千坂校下町会連合会

2018年11月23日
投稿者:千坂地区社会福祉協議会 at 16:04

まごころ弁当を配食

千坂地区社会福祉協議会では今年度も恒例のまごころ弁当の配食をしました。千坂校下婦人会ボランティアのみなさんに心のこもったお弁当を作っていただき、弁当を希望された70歳以上の一人暮らしの方約170名に民生委員が安否確認を兼ねて配りました。毎年心待ちにしているひとり暮らしの方から大変喜ばれています。お世話された皆様お疲れさまでした。

 

千坂校下町会連合会

2018年11月18日
投稿者:荒屋団地町会 at 10:15

からだとこころをチェック 第131回荒屋悠々サロン (荒屋団地)

昨日(17日)は毎月第三土曜日に開催している悠々サロンの日でした。天気も穏やかな1日で、高齢者にとって雨や風がなく外出しやすい日となりました。
悠々サロンは今回で131回目、平成18年の9月に第1回が開催され、12年も続いています。でも、12年も続いていると参加者も随分少なくなりました。亡くなられた方も複数おられ、介護施設に入所された方もおられます。
そうした中、昨日は新しく町会に加入された世帯のおばあちゃんが初めて参加されました。

病気療養中だった男性スタッフも久しぶりに元気な姿で参加されました。
今回は「ふくひさ包括支援センター」の川端職員をお招きして、誤嚥性肺炎予防についての講演や「からだ」と「こころ」のチェックリストを項目ごとに説明と質問が行われ、実際にチェックリストの作成を行いました。

包括支援センター川端職員の講演

 

 

実際にこの表に記入作成した
説明を聞いてから記入しましょう
 
それでは記入しましょう
会場には千坂校下文化祭において悠々サロンスタッフが作成展示した成果品が飾られました。
先月の三文豪記念館巡りの写真もありました
真剣に記入しています
そして記入後に、チェックリストの項目別の点数について細かく説明が行われました。
生活機能の低下、運動機能の低下、低栄養の可能性、口腔機能の低下、閉じこもりの可能性、認知機能の低下、こころの機能の低下の7項目について得点状況の注意事項が説明されました。
 
講習会の後はお茶タイム、そして10月、11月に誕生日を迎えた二人にお祝いの赤飯が配られ、ハッピーバスディトゥユーを合唱してお祝いしました。
それぞれ自己紹介等のスピーチも行われました。
 
お祝いに赤飯が渡された
自己紹介しています
悠々サロンは午後1時30分から3時半までの2時間と設定されていますが、今回は3時までと早めの終了となりました。
悠々サロンに関心を持たれている方は、一度お気軽に見学においでください。

 

千坂校下町会連合会

2018年11月10日
投稿者:疋田新生会町会 at 13:53

疋田新生公園の花植

平成30年11月10日(土)疋田新生公園の花壇用花植えを行いました。

花いつぱい運動の一環として「緑を育て金沢を美しくする会」より花苗が80株配布されました。

 当日は、雨もふらず順調に花植え作業を行うことができました。参加された班長及び役員の皆さんご苦労様でした。

千坂校下町会連合会

2018年10月28日
投稿者:荒屋団地町会 at 09:19

町会応援団60名が大声援!第4回金沢マラソン(荒屋団地)

第4回金沢マラソンが昨日(28日)開催され、荒屋団地町会は千木交差点付近の応援スポットで60名が、駆け行く1万3千人のランナーに熱き声援を送り励ましました。
町会は応援スポットまで希望者20数名の輸送に役員等の車数台を用意し、午前8時30分に出発して現地に赴きました。

応援スポットに町会応援団が集結

集会所からイス20脚と、メガホン、応援棒、手袋等の応援グッズが運搬され、トップランナーを今か今かと待ちました。待つこと約1時間、小雨がぱらつく中、9時58分頃トップランナーが応援団の前を駆け抜けていきました。

2位、3位、続々とランナーが通り抜けた
取材中のオートバイ
徐々に集団のランナーが駆けてきた

この場所での応援は4回目、昨年はかなり強い雨が降っていましたが、今回は傘をさす時間はそんなに長くはありませんでした。
そのうち道幅一杯になってランナーが走って来るようになり、こちらの車線にもランナーが走りました。
大声援を送るとランナーが笑顔でハイタッチに応じてくれるようになりました。

中国からやってきたランナーがハイタッチ
声援に応えるランナー
途切れない声援を送った
荒屋団地町会応援団はとても元気!

10時前から始まった大声援は、所定時間の12時20分まで途切れることはありませんでした。

スタート地点の様子(北國新聞)
組織委員会からのお礼メッセージ
 
 
町会はマラソン応援の人数が60人と指定されていたので募集をかけたところ、申し込みは20数名にとどまったことから、町会長のメール作戦が駆使され、その結果、所定の60名ぴったりの応援団が結成出来ました。
今回は参加者全員に弁当とお茶が支給されました。
 
お陰様で選手の皆さんに大声援を贈ることができました。皆さん、本当にご苦労さまでした。厚くお礼申し上げます。

千坂校下町会連合会

▲このページのトップへ