2022年11月17日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:02

千坂校下歩こう会バスウォーキング

令和4年10月24日(月)に恒例の「千坂校下歩こう会」(会長 山岸 博)でバスウォーキングが、26名のメンバーで開催いたしましました。
千坂公民館を7時15分に出発をして、敦賀の名勝と旧跡 (氣比神宮・氣比の海岸 等)を歩き、最後は、有名な「小牧かまぼこ」での見学とお土産を買って午後5時に皆さん事故もなく無事に帰ってまいりました。

その様子の写真を添付しますので、ご覧ください。

千坂校下町会連合会

2022年11月1日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:54

飛騨古川の鯉が泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」散策と飛騨高山観光(荒屋団地)

10月30日(日)、シニアクラブのバス旅行で標記の観光地を訪れ、秋の旅行を満喫しました。出発はちょっと早めの午前7時40分、金沢東ICから高速を走り、東海北陸道では山々の紅葉が見られました。参加者は男5名、女6名の11名で大型バス利用の贅沢でした。五箇山からは数々のトンネルを走行し、清見ICを降りて飛騨古川を目指しました。飛騨市役所前の駐車場で下車し、専任のガイドさんにより引率されて飛騨古川まつり会館を見学しました。

 
外観より内部が大きい
 
祭りにはこの屋台が使われる

 

古川町では人口1万6千人が総力をあげて祭りが実行されています。屋台を担ぐ人、綱を引く人、笛太鼓を打ち鳴らす人、住民全員が参加して祭りが実行されている。労力はまちろんだが、経費負担も半端ではないことでしょう。それでも400年の伝統を守る気概を持って実行されるこの市民のパワーは素晴らしい。
 
祭りは春だけ(高山は春秋の2回)

 

観客も一緒になって最高潮

 

まつり会館を後にして、街並みを見学しました。
 
鯉の餌やりを楽しんだ

 

風情ある酒蔵屋敷が連なる街並みは素晴らしい

 

古川の街並みを堪能してバスに向かう

バス乗車30分で高山市内に入った。高山グリーンホテル前で下車し、このホテルで昼食タイムとなりました。

 
昼食を楽しむ参加者の皆さん

 

弁当といえども「飛騨牛」もあった!
昼食後は市内散策に行きました。
 
観光客で大賑わいの街並み

 

すっかり紅葉してる宮川界隈

 

かくして大いに楽しんだ皆さんは再びバスに乗り込み岐路につきました。
今回の参加者は11名でしたが、残念なことに毎年少しづつ参加者が減少しています。町内の皆さん、年会費1000円のシニアクラブ入会を是非ご検討下さるようお願いいたします。

千坂校下町会連合会

2022年7月18日
投稿者:荒屋団地町会 at 16:52

家庭でできるストレッチ体操で認知症を予防しよう:第161回荒屋悠々サロン(荒屋団地)

7月16日(土)午後1時30分から、荒屋会館3Fにおいて第161回悠々サロンが開催されました。冒頭の挨拶で、最近は全国的にコロナ感染が急増しており、県内においても連日700人を超えていることから、吾々高齢者は特に十分気をつけましょうと注意喚起がありました。4回目のワクチンをもう打たれたという人もありました。

今回はお年寄り地域福祉支援センターから講師をお招きして、家庭で出来るストレッチ体操の指導を受けました。

「お年寄り地域福祉支援センターふくひさ」
から講師が派遣されました

 

全員に「寿リハ」と題したストレッチ体操等の解説をした資料が配付されました。体をほぐす体操をしてから、認知症予防になる体操の指導が行なわれました。
 
先ずは講師のご挨拶がありました

 

資料メニューの説明です

 

全てイスに掛けたままの体操です

 

30分後からは、認知症が予防できるという脳トレ体操をしました。両手を広げ、右手親指を折りながら左手の親指を折るという運動でしたが、馴れるまでこれが以外と難しいことを知りました。両手の運動が円滑に出来るようになると足も動かす運動が加わりました。この運動で脳の働きが活性化するので、認知症の予防になるようです。

 

このストレッチ体操を1時間続けて終わりました。次にしりとり遊びを数回行ないお茶タイムで一息ついて解散となりました。
 
毎年7月には体操の講師が派遣されます
この写真は5年前の模様です

5人に1人が認知症になるという怖ろしい予測があります。この機会を高齢者の方の積極的参加をお待ちしております。なお、入会費や参加費は一切不要ですので、お気軽にお立ち寄りください。いつでもドアは開いています。

千坂校下町会連合会

2022年7月11日
投稿者:荒屋団地町会 at 18:32

 昨日(10日)、シニアクラブ主催のバス旅行が行なわれました。勧誘チラシのタイトルは「近江牛を食べに行こう 長浜・黒壁スクエア散策と関ヶ原古戦場へ歴史探訪の旅」でした。
金沢市の福祉政策でバス利用の補助金対象が15名以上となっているため、参加者募集時には心配されましたが、町内の交友会にも案内して参加者を募集しました。その結果、シニアクラブから12名、交友会から3名の参加を得て、要件が満たされました。

今回は旅行先が岐阜県関ヶ原町なので、出発時間が7時30分、帰着時間が18時30分の行程となりました。

数分遅れて関ヶ原に向け出発!

霧雨がぱらついていましたが、関ヶ原到着時には傘は必要ない状態となりました。

 
到着して玄関前で記念撮影

2年前にオープンした古戦場記念館は岐阜県が設置した建物で、とても素晴らしい設備となっていました。

入場時間待ち

1階は戦った東軍,西軍の武将の甲冑類や歴史的な記録が展示されていました。2階はシアターとなっており、大音響と共に地響きに併せて振動するイスが設置されており、合戦の臨場感が楽しめました。

座席の直ぐ目の前に大スクリーン

東軍・西軍併せて16万人の武将達がこの関ヶ原で壮絶な戦いを繰り広げました。凄い設備を造ったものだと感心しました。

ここを後にして、胡麻の里という施設へ行って買い物を楽しみました。
 
写真撮影時だけマスクを外しました

 

胡麻の色々な賞品が売られていました
次に向かったのは花伊吹と称するレストランで近江牛料理を楽しむことになりました。
 
間もなく到着です
 
肉は軟らかく量的にも満足でした

 

感染防止の仕切り板がちょっとねぇ

このレストランの隣が「風鈴祭り」の会場になっており、かなりの観光客で賑わっていました。

やがてバスは長浜に到着して、黒壁スクエアの散策となりました。
 
ガラス館とこの界隈が一大観光地になり
大勢の観光客で賑わっていました

 

黒壁スクエア
 
ガラス館の賑わい

この観光を終わり、金沢に向け帰路につきました。

湖岸道路のドライブが快適でした。
湖岸道路と琵琶湖

帰着時には小雨が降っていましたが、お陰様で旅行は傘が不要の天候で助かりました。

帰着予定より早く18時20分頃に無事到着しました。
参加者不足の心配解消のためには、シニアクラブだけではなく町内一般からも参加者を募集すればどうかと元町会長から意見を頂戴しました。役員会の検討事項とすることにしました。

千坂校下町会連合会

2022年6月26日
投稿者:荒屋団地町会 at 10:03

子供たちと一緒に七夕飾りを作ろう:第160回荒屋悠々サロン(荒屋団地)

気温が急上昇した昨日(25日)、午後1時30分から荒屋会館において、悠々サロンが開催されました。今回は12名の子供たちと一緒に、七夕飾りを作ることになりました。この行事は石川県福祉協議会から補助金交付事業として認定されています。

竹笹の調達は毎年町内のある人が数キロ先の実家の竹を提供されていましたが、今回は準備の都合からDさんが実家に赴き軽トラで搬入されました。

先ず飾りの材料が配布されました

 

早速、製作開始となりました
子どもたちも真剣な面持ちです
 
小さな子も真剣な面持ちで作業を注視しています

 

下の階では配布用のアルファ米の
パック詰めが行われていました

 

さぁ、竹笹に飾り付けしましょう

 

飾り付けが終わり全員にお土産が配られました
 
この後、子供たちを含め全員で自己紹介が行われ、交流を温めました。
 
綺麗にできました!

 

世界一周ができますように と願い事が
実現するといいですね

 

こうした子供たちと一緒にできる行事を通じて、心の通い合う街づくりができるといいですね。

千坂校下町会連合会

2022年6月16日
投稿者:荒屋団地町会 at 09:55

「LINEができるようになりうれしい!」と高齢者に好評のスマホ教室(荒屋団地)

荒屋団地ネットサークルの第2回目のスマホ教室が、15日午後1時30分から荒屋会館で開催されました。前回はスマホの取り扱いについて説明しましたが、今回はLINEについて6名の受講者が和気藹々の雰囲気で学びました。

荒屋団地ネットサークルで活躍されている講師による
参加者全員の手取り足取り講義が好評

LINEはメールより簡単で、グループの連絡にも便利なツールです。

しかし、家に帰っても一人暮らしだったり、同居している人に取り扱い方を聞いても面倒がられたり・・・と、懇切丁寧な説明は期待できません。この会では遠慮無く聞けるのでとても有り難いと好評です。
 
これ、分からないんだけど・・・と

 

説明資料も大画面に表示

 

 次回は、インターネット検索を

友達ネットワークの作り方を手取り足取りで学ぶことが出来ました。

次回は6月29日(水)午後1時30分からを予定しています。関心のある方、2,3名前後でしたら聴講可能です。当日スマホ持参でおいでください。

千坂校下町会連合会

2022年6月5日
投稿者:荒屋団地町会 at 17:20

おたすけ隊 (荒屋団地)

おたすけ隊の活動は、6月5日(日)朝7時から10時までの作業でした。今日は、いつもお世話になったOさんの駐車場の立ち木伐採(梅の木、アジサイ)でした。

 
 
 
 

 

出動したボランテアは4名でした。綺麗になりました。

千坂校下町会連合会

2022年6月1日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:57

シニア対象のスマホ教室が好評(荒屋団地)

ネットサークルでは月2回の定例会を開催していますが、シニア層でガラ系からスマホに変更された方が大半となり、その取り扱いが難しくて困った・・・と言う人が多いことが分かりました。そこで定例会において、スマホ教室を開催することに決定し、第1回となる教室が本日(6月1日)午後1時30分から、荒屋会館3Fで開催されました。

出席者は70才台~90才台までの男性2名、女性3名の5名でした。講演指導はNTTのOB、アシスタントは元国鉄OBが担いました。
スマホは小さなパソコンと言えるほど多機能があります。これらのあらゆる機能を使いこなすには、良くスマホを十分に理解した人の指導が大切になります。
 
家族に聞いても、「さっき言うたやろ。何遍もやんなる」と相手にされなくなります。次回は6月15日(水)午後1時30分から荒屋会館で開催いたします。興味のある方はネットサークルまでご連絡ください。ただし、人数制限(6、7名)がありますのでご了承ください。

千坂校下町会連合会

2022年5月22日
投稿者:荒屋団地町会 at 11:31

健康管理の勉強会:第159回荒屋悠々サロン(荒屋団地)

 気温急上昇した21日、午後1時30分から荒屋会館において第159回となる悠々サロンが開催されました。今回は出前講座「健康管理」について介護施設職員として活躍されておられる深谷さんの講演を聞くことになりました。内容は、
1.生活習慣病を予防する・治療する
2.食生活の意識
の二点についてのほか、認知症予防の指体操等が行なわれました。

深谷さんによる介護施設勤務の経験を踏まえられた講演

 

今回はサロン運営上、スタッフ補助員としてボランティアを募集したところ、16班から応募者が1人おられ今後の運営がより円滑化されます。

 
早くマスクのとれる日が待ち遠しいですね
講演が終わると指体操の指導が行なわれました
指体操では、右の手のひらを開いて指1本おると同時に、握った左手の手のひら指一本上げて・・・を交互に繰り返す動作を行ないました。できるようになると、同時に足を動かす運動等もやってみました。

これが中々難しく、最初は左右の動きが一緒になってしまいました。
 
お茶タイムを楽しみ、最後は金沢健康体操でしたが、パソコンが不調で音声が出なくて皆さんにご不自由をおかけしてしまいました。次回からこのようなことがないよう注意いたします。次回は子供たちと一緒に七夕飾りを作ることになりました。皆さんも是非参加してみましょう。

千坂校下町会連合会

2022年5月16日
投稿者:荒屋団地町会 at 10:16

おたすけ隊は・・(荒屋団地)

おたすけ隊(荒屋団地町会分隊)は、隣町の民生委員の方からの依頼で、生垣の伐採作業を行ってきました。

詳細は、ブログの画像を画像 を参照ください。

千坂校下町会連合会