2020年11月22日
投稿者:荒屋団地町会 at 14:12

4ヶ月ぶりの悠々サロン開催(荒屋団地)

昨日(11月21日)午後1時30分から、荒屋会館において第148回となる悠々サロンが開催されました。コロナ禍のため、7月4日の七夕づくり以降の毎月の定例会が中止されていましたが、細心の注意を払って開催されました。

今回は、「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!!」と題した資料に基づき、順番に1ページづつ読むことで理解を深めることにしました。

順番に1ページづつ読みました
全員におやつが配られました

3つの負のスパイラルがあって、

1.第1の感染症「病気」
2.「不安」
3.「差別」
この3つの感染症は繋がっている。この怖さは、病気が不安を呼び、不安が差別を生み、差別がさらなる病気の拡散につながるといいます。
3つの感染症をみんなで乗り越えていくために、それぞれ立場でできることを行い、みんなが一つになって負のスパイラルを断ち切りましょう!
 
次に、二つの絵を比べて間違いを3つ探す問題をしました。3つ目がわからず、回答を聞いて「なんだ、そうだったか」と気づきました。もう一度違う絵でやってみました。
 
次は簡単な脳トレゲームを行ないました。
 
1,2,3で手拍子、4,5,6で手拍子、12の次は13でポンですよ

 

この後、しりとりゲームが行なわれ、和やかな雰囲気で楽しみました。

最後はいいね金沢健康体操で締めくくりとなりました。
 
9月に100歳になられた女性も元気に体操!
 
この女性には誕生日以降初めて顔を合わせましたが、元気はつらつ、ただただ驚くばかりです。100才を超えてなお一人暮らしをされているスーパーおばあちゃんです。みなさんから「おめでとうございます」のシャワーを浴びておられました。総理大臣、県知事、市長からお祝いの品が届けられたと話されました。
 
最近は参加しておられた高齢者の方が施設に入いられたり、お亡くなりになった方もあり、参加人数が少なくなりました。60歳以上の方、是非参加されますようご検討をお願いいたします。
 

千坂校下町会連合会

2020年11月15日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:06

千坂校下地域サロン交流会 (荒屋団地)

昨日(11月14日)、午後2時から千坂公民館において地域サロン交流会が開催されました。
毎年1回開催されていますが、今年は新型コロナウイルス蔓延のため、遅れて開催されました。

参加された地域サロンを列挙すると、すみれ(千坂町会)・ニコニコ(法光寺)・花もも(百坂)・夢(千田)・たんぽぽ(福久南)・きずな(千田町)・金市(金市)・さくら(柳橋)・ふくひさシニア(福久町)・悠々(荒屋団地)・ひばり(千木)の11カ所です。
 
各組織から2名参加

交流会の内容は、地域包括センターふくひさの職員が司会者になられて、浅ノ川病院リハビリセンターの専門員が講師を務められましたが、今回は「オンライン」で行なわれました。

地域サロンはコロナ禍のため開催が見合わせているところが大半となっていますが、感染拡大防止に配慮した開催のポイントや、屋内でできる活動例を学習しました。
 

また、いつでもどこでも脳活プログラムについて、全員で体を動かして体験しました。

 
 

悠々サロンも近く開催する方向で動いています。交流会で学んだことを生かして活動に取り組んでいきたいと考えていますので、参加者募集の案内がありましたら積極的な参加をお待ちしております。

千坂校下町会連合会

2020年11月11日
投稿者:荒屋団地町会 at 15:58

町会だより   (荒屋団地)

荒屋団地に町会だよりが発行されました。遅れました。

町会だより249号    tayori249

町会だより250号     tayori250

ご覧ください

千坂校下町会連合会

2020年10月19日
投稿者:荒屋団地町会 at 16:02

町会の3人の防災士指導による避難所に係る段ボールベッド等の製作訓練 (荒屋団地)

昨日(18日)午前10時から荒屋会館において、町会役員・悠々サロンスタッフ・料理同好会有志・子ども会の22人のメンバーが、被災時の避難所における段ボールベッド、新聞紙によるスリッパ、新聞紙による食器作りに挑戦しました。

会館に入場する際には、全員体温チェックが行なわれ、手指消毒後上階に向かいました。

非常に読みづらい資料が全員に配布された

字が小さくて読めない資料なので、PCで拡大したのが上のコピー。虫眼鏡でも読めない資料を作る作成者の心が分かりません。

TKBは何とか読める。要するにTはトイレ、Kはキチン、Bはベッドのことで、避難所での問題点を記しています。
この説明は森下防災士が解説されました。
3階では大人8名・子ども4名が参加した
段ボールベッド作りに挑戦
出来栄え上々
町会長が寝心地を確かめた
次は新聞紙でスリッパ作り
スリッパ完成
A4クリアホルダーでフェイスシェルターを製作
フェイスシールド完成試着

2Fでは子ども3名、大人6名が非常食の調理、新聞紙利用による食器作りが行なわれました。指導は土居本防災士が担当されました。

新聞紙を丸めて食器づくり
ビニール袋をかぶせて食器完成!
土居本防災士指導による非常食づくり
ほら見て!僕できたよ
2Fと3Fメンバーが入れ替わり真剣に取り組んだ

森下防災士が避難所について説明されました。荒屋団地の避難場所は千坂小学校に指定されていますが、体育館に収容できる世帯数は20世帯前後だと説明されました。四千世帯はどうすれば良いのか、早急に検討しなければならないとのことでした。12時前には全て終了となりました。今回は町会の久々の行事でした。

千坂校下町会連合会

2020年10月10日
投稿者:荒屋団地町会 at 18:33

富岩運河クルージング (荒屋団地)

荒屋団地シニアクラブは、今年度に入って先月のグラウンドゴルフ大会に続いて、2回目の行事として富山市のガラス美術館や環水公園、そして運河クルージング等の研修旅行が昨日(10月9日)開催されました。

行程表および経費明細

今回の参加者は男5名、女11名の16名が協和工業前からバスに乗車、大型バスの2人掛けシートに1人づつという贅沢、ガイドさんによる観光案内付きで富山ICに向け9時に出発しました。空模様が気になるところでしたが、終日曇りでラッキーな旅行日和となりました。

富山市内に入って先ず富山市ガラス美術館に向かいました。隈研吾氏設計による建物は奇抜なデザインでした。

翌日から始まる特別展準備のため、常設展示場となっている4階と6階だけ入ることが出来ました。

コロナ禍で来館者は少数だった

 

館内エスカレーター
展示作品

七尾のガラス美術館に行ったことがありますが、グレードが全く違っていたのには驚きでした。

見学を終え次の薬問屋へ
池田屋へ

 

製薬実演
興味津々で実演を見た

買い物予定時間が折り込まれていましたが、コロナ禍で殆どの店舗が閉じられていました。

池田屋を出て富山駅付近の地下道から駅西方面に入り、昼食会場であるウエルネスとやま自遊館に向かいました。環水公園に隣接している建物は大型ホテル等が建ち並んでいました。
この建物の1Fにレストランが
会計から思わぬ「払い戻し」が

今回の旅行は例のGoToトラベルの適用となり、精算の結果、会費三千円のうち二千円も返還がありました。

こんな豪華な昼食メニューに全員が満足した
さぁ、頂きましょう!

ゆったり過ごした昼食後、富岩環水公園に向かいました。

この広々とした風景、何と贅沢に空間を使っているのだろうと感心することしきりでした。
大勢の小中学生、高校生が遠足に訪れていた
この贅沢な空間に世界一になったスタバがあった
立山連峰や環水公園の眺めが評価されたという
この展望台に登り雄大な風景を楽しんだ
運河クルージングの船が見えた

展望を存分楽しんでから、いよいよ今回のハイライト富岩運河クルージングの船に乗船した。

穏やかな水面を進んだ
そしていよいよ中島閘門に入った

水位差2.5mの運河を通過するとき、船が入った閘門を締め切り、水を排水するとゲートが開けられる。この閘門は我が国最大級という。滅多に味わえない体験をすることが出来ました。

排水終了、ゲートオープンとなった

約1時間乗船して岩瀬浜に到着した。ここから北前船で賑わった回船問屋の町並みを見て歩いた。

間もなく到着

 

回船問屋の町並み見学

こうして予定の場所を巡り、帰途につきました。

17時に無事出発した場所に到着しました。今回の研修旅行は皆さんから「とても良かった」と評価されました。関係者のご苦労に感謝いたします。

千坂校下町会連合会

2020年8月19日
投稿者:荒屋団地町会 at 20:52

悠々サロンスタッフと子供たちがラジオ体操で交流会(荒屋団地)

本日(8月18日)荒屋団地子ども会育成部が実施している朝のラジオ体操で、悠々サロンスタッフを交えた交流会が開催されました。児童公園において6時30分から児童43人、父兄数人と悠々サロンスタッフ6名が加わって体操が始まりました。

10分前には沢山の児童が集まって会話やブランコを楽しんでいた。

公園いっぱいに広がった。

6年生全員が前で模範演技するのが伝統となっている。

ラジオ体操第1がもうすぐ終わりとなる。

佳境に入ってきた。

もうすぐ終わりとなる。

出席カードにサインを貰うために並んだ。

悠々サロンからプレゼントがありまーす。毎日体操に出席されたので悠々サロンからご褒美を差し上げます・・・と土居本代表。

まだ貰ってない人、ここへ来てくださーい。

僕、頑張ったよとカードを見せてご褒美を受け取った。

これらの諸経費は、県社会福祉協議会の認定を受けた団体に交付された資金から捻出されています。今年は町会主催の盆踊り大会が中止されたので、ラジオ体操最終日に交流会を行なうことにしました。荒屋団地の子供たちはとても元気な様子だったので安心しました。

 

千坂校下町会連合会

2020年7月4日
投稿者:荒屋団地町会 at 18:16

七夕飾りを作ろう!(荒屋団地)

毎年6月の荒屋悠々サロン定例会で子供たちと七夕飾りを製作しています。今年はコロナウイルス禍のため悠々サロンは開催していませんが、県福祉協議会から子供たちと大人がふれあう事業という位置づけで補助金が交付されていることから、本日13人の子供たちや3人のお母さんと6人のスタッフで七夕飾りを製作しました。

材料は予めサロンスタッフが買いそろえました。所定の開催時刻の午後1時30分となり、土居本代表から開会の挨拶があり、参加した子供たち一人々々が自己紹介、次いでスタッフも一人々々自己紹介がありました。

すぐ製作に取りかかった
難しいものから着手
ほら見て!こんなの作ったよ
スタッフもお手伝い
 
このテーブルは3兄弟とお母さんが参加してくれた
これで半分くらい出来たかな?
そろそろ短冊に願い事を書いてくださーい

3時過ぎ、出来上がった飾りを持って1F玄関へ移動しました。

いつもの年より飾りが多いねぇ
やっぱりコロナが出た!
終わりの挨拶「皆さんありがとうございました」
飲み物とおやつが配られ解散!

子供たちはほぼ全員マスク着用でした。男の子が、「今年は夏休みが短いよ」と教えてくれました。今年になって町会の行事は新年会と2月までの悠々サロンでした。5月の花見は中止、盆踊りも中止となります。そんな中、本日の七夕飾り製作は久しぶりに行事らしい行事となりました。コロナ禍が納まり、いつもの行事を取り返せるよう祈るのみであります。

千坂校下町会連合会

2020年3月7日
投稿者:荒屋団地町会 at 14:31

町会だより 第248号   (荒屋団地)

荒屋団地に町会だよりが発行されました。

    tayori248         ご覧ください

千坂校下町会連合会

2020年2月18日
投稿者:荒屋団地町会 at 10:38

子供たちも参加してお雛様づくり(荒屋団地)

昨日(2月15日)午後1時30分から、荒屋会館3階ホールにおいて146回荒屋悠々サロンが開催されました。
開催にあたり、土居本代表からコロナウイルス感染について関心を持って見守りましようと挨拶がありました。
今回は、子ども会の協力を得て6人の子供たちも参加することになり、もうすぐひな祭りを迎えることから、折り紙でお雛様を作ることになりました。
 折り紙指導の講師は金市団地の清水清子さんが務められました。

早速、清水講師の説明が始まりました
各テーブル毎にも指導補助員の方が丁寧に指導されました
男4人、女2人の子供たちがお雛様づくりを楽しみました
みんな間違いないようにと緊張しています
おばさん、これでいい?
もう出来た人もいるみたい
 

全員が完成したのを見計らって、お茶タイムを楽しむことになり、お茶とお菓子が配られました。

和やかな時間が過ぎました

お茶タイムの次にしりとりゲームをすることになりました。1回目が終わり2回目、3回目まで楽しみました。
その次にはじゃんけんゲーム。じゃんけんに勝つと景品が貰えるので真剣にじゃんけんしました。

ハイ、グーですからパーの人が勝ちですよ
景品がなくなるまで続きました
最後は「いいね金沢健康体操」

午後3時30分には全てが終了しました。天候も良く、来場も容易で助かりました。
子供たちから、「景品のお金たくさんいるね」という声がありましたが、土居本代表からこの経費は子供たちと大人がふれあう事業という位置づけで、県福祉協議会から補助金が交付されている旨の話がありました。

荒屋団地町会ではこのほか、七夕まつりの飾りつけ、盆踊り大会、餅つき大会等で子ども達と一緒に行事を楽しんでいます。
そしてこの悠々サロンは平成18年9月から旧集会所で開催され、今年で14年目の146回を数えました。是非、皆さんのご参加を心からお待ちしています。

千坂校下町会連合会

2020年2月4日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:15

第58回定期総会が開催され新役員・新班長にバトンタッチ(荒屋団地)

これ以上の好天は望めないほど晴れ上がった昨日(2月2日)、午前10時から荒屋会館3Fホールにおいて、令和2年度第58回定期総会 が開催されました。 

間もなく開催時刻
定刻になり、中山町会長の開式の挨拶が行なわれ、続いて昨年の物故者10名に対する黙祷が行なわれました。
黙祷
黙祷のあと、中山町会長が挨拶に立たれ、一度は続投の意思表明をしたあと体調が思わしくない事態となり、やむを得ず野田副会長に理解を求めたところ、同意された経緯が話されました。副会長を1年間務められたあと、7年間の長きに渡って町会長としてご尽力されましたことに敬意を表します。ご苦労様でした。
中山町会長の挨拶
次に、議長選出が行なわれ執行部提案で梨野洋一さん(10班)の推薦があり、梨野さんから議長として挨拶が行なわれました。
梨野洋一議長の挨拶
続いて本大会の資格審査が桶家副会長から次のように発表されました。

出席者は44名の内38名、委任状3通により本大会が成立した旨の宣言がありました。

 
 
 
議事は昨年度の経過報告、一般会計決算報告、会計監査報告と進み質疑応答に入り、「班編成替えについて」問われました。班編成替えについては、今年1年をかけ検討していくが、いつまでに結論を出すかは決まってはいないと執行部から答弁がありました。

 

経過報告中の中山町会長
不動田会計監査から監査報告
 

続いて役員選出、令和2年度活動方針案、町会一般会計収支予算案等が提案され、審議の結果、満場一致で承認されました。 
新任の野田徹町会長(1班)の挨拶
議事終了で議長解任の挨拶
新役員・班長の自己紹介

続いて新任の全班長、新役員が起立して自己紹介され令和2年度定期総会が滞りなく閉幕しました。

千坂校下町会連合会