▲このページのトップへ

2019年8月18日
投稿者:荒屋団地町会 at 08:44

千坂校下防災演習避難状況報告(荒屋団地町会)

災演習の情報集計を報告します。

町会名 荒屋団地町会       町会長名 中山良一  

報告日時  令和元年8月18日 08時30分 現在

世帯数 270   世帯    

 

 
  計 (人)
人  口 844 359 485
避難カード 478 218 260
安否未確認 272 141 131
ゼロ時避難数 156 66 90
  重症者数 0    
  軽症者数 0    
要救助者数 0    

以 上

千坂校下町会連合会

2019年8月11日
投稿者:荒屋団地町会 at 21:02

町会盆踊り大会で過去最高の賑わい 荒屋団地

荒屋団地町会の主力行事の一つである盆踊り大会が、昨日(10日)午後6時から開催され参加者の皆様が真夏の夜のひと時を楽しく過ごされました。
各模擬店も大賑わいの盛況ぶりで、焼きそばが7時過ぎには売り切れの状況となりました。

開始前から子供会の模擬店が大
金魚がいない金魚すくいが大人気
定刻6時丁度、中山町会長のあいさつで幕開け
プログラム№1はパプリカ


いま、小さな子供たちが夢中になっている曲があるんだそうです。それが、小3から中1の男女5人組ユニット「Foorin(フーリン)」が歌う「パプリカ」という曲。

作詞と作曲を米津玄師(28)が手がけ、“2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する”という「2020応援ソングプロジェクト」として制作されました。
 
ところが、当初の目的を超えて、いま社会現象になりつつあるというのです。ネットでも、驚きの目撃証言が続出。この曲が流れると、「10ヵ月の息子が泣き止む」とか、「スーパーで知らないこども同士の合唱になった」とか、「1歳児から4歳児が踊りまくってた」など、「パプリカ」旋風はとどまるところを知りません。 
 
当然、これまでにもみんなが口ずさめる曲や、振付けが大流行する曲はありました。しかし、話を聞いていると、「パプリカ」はその両方を満たしているようなのです。
そのほか、ドラえもん音頭が流れると我先に櫓に登り踊り始める子供さんもありました。
 
続いて来賓の皆様方からお言葉をいただきました。
奥出公民館長のお言葉
麦田市議のお言葉
そのほか、西田千坂校下町連会長のお言葉も頂きました。
一方、テントの中では各模擬店の料理づくりに奮闘が続いていました。特に焼きそばの人気が高く、早々に250食余りが売り切れとなってしまいました。

ビンゴゲームが始まった
フランクフルトと串焼き作業に奮闘中
懸命な焼きそば作り
蓋をして輪ゴムをかければ商品となる焼きそば
交友会模擬店「生ビールいかがですか」
「どれでも100円ですよ!」
クラフト同好会の模擬店
執行部の受付は大忙し
この人出は尋常ではない!
ビンゴゲームが始まった!
百坂町女性会の皆様が駆けつけて
頂き会場が一層華やいだ
お待ちかねの「抽選会」が始まり、
皆さんが「当たりますように!」と祈った
皆戸副会長により当選者が発表された
中山町会長より賞品授与された
再び大人気のパプリカの曲がかかって大はしゃぎ
 
最期の盛り上がり

第54回荒屋団地盆踊り大会の最後の曲「河内おとこ節」で思い残すところなく踊り、全てのスケジュールが終わりました。

盆踊り大会の終了を告げる副会長のあいさつ
昨年から導入された本盆踊り大会開催にあたり、設営等にご尽力された約50名余の皆様方と反省会兼懇親会が直ぐに開催されました。

普段顔を合わせたことがない人も一緒になって汗を流したことで、また新しい絆が生まれました。一昨日の午前8時から開始された作業は、炎天下で汗が噴き出す中、積み込み、運搬、取り卸し、組み立て付け作業が行われ、本日(11日)は午前6時30分から撤去運搬格納まで獅子奮迅の働きをされた皆様に、心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

千坂校下町会連合会