▲このページのトップへ

2013年9月26日
投稿者:金沢市千坂公民館m at 13:35

城北ブロック公民館研修会:防災について考える★公民館の役割★(千坂公民館)

昨日(9/25)午後7時30分から、三谷公民館において標記研修会が開催されました。
研修対象者は城北ブロックに所属する12の公民館から、館長、副館長、主事、事務員、公民館委員等の皆さん90名が出席されました。
当公民館では役職員のほか、公民館委員のうち新保文化部長、吉田広報部長、横野視聴覚部長が出席しました。
金沢市公民館連絡協議会では、今年度初めて防災に関する研修会を開催することとして、金沢市危機管理課職員による出前講座を各ブロックごとに開催し、今回城北ブロックの研修会となったものです。
冒頭、岡田公民館長のあいさつで、先だっての豪雨で三谷郵便局付近の土砂崩れが発生したことを取り上げられ、防災は身近な問題であると述べられました。
このあと、金沢市危機管理課岡田主幹による講演が始まりました。

90名の受講者で会場は埋め尽くされた
岡田三谷公民館長のあいさつ
危機管理課岡田主幹の講演

主題は「防災について考える」=公民館の役割=として、プロジェクタにより災害の種類、地震や津波の発生メカニズム、映像を交えた災害の実態について説明されました。
また、金沢市に62の自主防災会があり、被災実態を踏まえ安否確認の重要性からまちなか訓練にこの安否確認が導入された経緯が説明されました。

詳報は「千坂公民館長の特設ブログ」をご覧ください。

 

千坂校下町会連合会